おしらせ

 学習会 一緒に考える大津市政
 成功例から学ぶコロナ対策

4月29日(木休) 午前10時から
大津市民文化会館 多目的ホール
(大津市役所から徒歩4分、歴史博物館となり、大津商業高校うら)

報告 「成功例から学ぶコロナ対策」ほか
資料代 300円


感染を抑えるには検査の拡大 大津市は行わず…!!!?

 コロナ感染が再拡大し「第4波」と言われています。緊急事態宣言や罰則によって市民の外出を制限したり飲食店の時短を強制したりするだけでは、感染を防ぐことはできません。
 必要なのは、誰でも受けられる大規模なPCR検査と医療の拡充、休業等に対する生活補償です。
 残念ながら、大津市は私たちの要請に対し、「実効性に課題がある」とPCR検査を拡大するつもりはない旨の回答をしています(3月8日)。


広島県の例  大規模検査で早期発見と治療

 広島県では、大規模PCR検査を実施して感染者を早期発見し治療する体制をつくり、劇的に感染者を減らしています。
 昨年12月からドライブスルーPCR検査施設を運用し、高齢者・障がい者施設、医療機関の従事者の検査を実施。広島市で行われていた無料のPCR検査の対象が4月からは、県内に住む人、働く人に広げられ、誰でも何度でも検査を受けることができます。
 大規模検査と医療保護により感染爆発を収束させた実例に学び、滋賀県や大津市に実行を求めていきましょう。


チラシのPDFファイル →こちらからどうぞ

大津市秘書課で要請書を手渡す会代表 中川 ↓


4/7 大津市に要請
デジタル監視法案 コロナワクチン接種について

 4月7日、大津市へ、デジタル監視法案とコロナワクチン接種に関する要請を秘書課に行ないました。
 デジタル監視法は衆院本会議で強行採決されましたが、まだこれからが勝負です。自治体の個人情報保護条例が骨抜きにされることに対する自治体の立場が問われます。ワクチン接種も個人の意思が尊重され不利益を被らないようにしなければなりません。
 秘書課長と課長補佐が30分間対応して下さいました。担当課に要請内容を伝えてもらい、各担当課と面談で直接お話ができるよう強くお願いしました。以下、要請事項です。

デジタル監視法関係
【要請事項】

1.貴市として「デジタル改革関連6法案」に反対を表明し、かつ同法案の撤回・廃案を国に要請すること。

2.国の「ワクチン接種記録システム」は、自治体事務に無用な混乱を起こすばかりでなく、「緊急時」「非常時」を口実に番号法の災害時の例外を無理やり適用し、特定個人情報保護評価を事後評価としたり、情報提供ネットワークシステムを使用せずマイナンバーをそのまま識別子とするなど、個人情報保護措置のルールを逸脱して利用を強行しようとしています。これらは、自治体での個人情報保護を形骸化するとともに、国のシステムに特定個人情報が保管されるという番号法違反の状態を生む極めて重大な問題を引き起こします。
 よって、国に対して、番号法の脱法的解釈を行なうことなく厳格に適用するとともに、自治体への事務負担と混乱を生起させないよう強く要請を行なうこと。

3.「デジタル社会の形成を図るための関係法律の整備に関する法律案」において、個人情報保護3法の統合と自治体の個人情報保護制度の共通ルール化がはかられようとしています。しかし、個人情報事務は自治体固有の自治事務であり、「法律又はこれに基づく政令により地方公共団体が処理することとされる事務が自治事務である場合においては、国は、地方公共団体が地域の特性に応じて当該事務を処理することができるよう特に配慮しなければならない。」(地方自治法第2条13項)とされており、国による共通ルール化の強要は違法です。
 よって、個人情報保護に自治体が責任をもつものとして規定されている個人情報保護条例の「外部機関とのオンライン結合制限」の規定を廃止または規制緩和することのないよう堅持すること。

4.「デジタル社会の形成を図るための関係法律の整備に関する法律案」において、地方公共団体情報システム機構法の改悪~「地方公共団体情報システム機構(J-LIS)に対する国のガバナンスの強化」により、J-LISを国と地方の共同団体の管理に変え、政府が目標設定や計画認可し、改善措置命令に違反すると理事長を解任するなど、事実上、国管理化しようとしています。これは、住基ネットができた際に「国民総背番号制ではない」と政府が説明した根拠の一つが「地方公共団体共同のシステムであり国が管理するシステムではない」と説明してきたことに反し、住民情報を国が管理することに道をひらくことになります。
 よって、J-LISの国管理に反対し、地方公共団体共同のシステムとして堅持するよう国に対し強く要請すること。

5.「地方公共団体情報システムの標準化に関する法律案」において自治体業務システムの統一・標準化が義務化されようとしています。新システムへの移行は、標準仕様を策定済みの住民基本台帳から2022年度に開始し、地方税や介護保険などは21年8月、国民年金や児童手当などは22年8月をめどにまとめ、17業務について原則として25年度末までに終える方向とされています。しかし、原則的に自治体による業務システムのカスタマイズは禁止されることから、必然的に法律に明記された必要最低限の住民サービスのみシステム化され、現在行われている地域の実情に応じて住民要求に沿った施策は切り捨てられる危険性があります。
 よって、自治体業務システムの統一・標準化の義務化に反対し、貴市の住民要求に基づく独自施策やサービスを低下させないこと。

6.各法案において、税・社会保障・災害の3分野に限定されたはずのマイナンバーの際限のない利用拡大が図られようとしています。これは、マイナンバーカードに内蔵の電子証明書の発行番号(シリアル番号)を、 利用規制のあるマイナンバーの代わりに個人を識別特定するIDとして転用するもので、法の規定がないことを利用した脱法行為です。さらに「あらゆる行政手続がスマホから可能」とするため、電子証明書をスマホで利用できるようにしようとしており、スマホと電子証明書のシリアル番号による個人識別がむすびついて、一人一人の医療、教育、雇用、消費など生活と行動を監視するツールになる危険性があります。
 また、本来マイナンバーで管理・提供される自分の情報を確認するという個人情報保護のために作られたマイナポータルを、マイナンバーで管理する個人情報を企業に提供する仕組みとして利用しようとしています。
 よって、個人情報保護の観点かマイナンバーの際限のない脱法利用に反対し、少なくとも自治体事務手続として採用せず市民に対し推奨しないこと。

7.デジタル化の進展に伴い最も必要なことは、EU一般データ保護規則(GDPR)のように、データ主体である個人の権利を基本的な権利として位置づけ、アクセス権・訂正の権利・消去の権利等データ主体の権利をこそ定めることです。
 よって国の個人情報保護法制に、自己情報のコントロール権など憲法13条に基づく個人データ保護の権利を保障する仕組みをつくることを強く要請すること。

8.前記事項について、貴市の個人情報保護条例を改正しその仕組みをつくること。
以上を要請の場を設けて回答すること。



ワクチン接種関係
【要請事項】

1.医師の判断によらず、発熱したり不安を感じたらただちにPCR検査ができる体制、訪問、通所系含むすべての高齢者・医療施設等への一斉検査、医療の拡充と生活補償など、ワクチンだけに頼らない新型コロナウイルス対策を徹底すること。

2.接種するかしないかは、あくまで本人の自由意思であることを明確にした広報を徹底して行なうこと。

3.自治体においては、接種の広報において、接種が努力義務であることや接種の勧奨する文言は掲載しないこと。接種会場においても、文書や市民との対応においても同様に取り扱うこと。

4.ワクチンを接種しないことによって、通学を認めない、または就労できないなど不利益や差別、社会的圧力が生じないよう万全の措置をはかること。万が一、不利益が生じた場合、是正と不利益を被った者に対する救済ができる相談窓口をはじめとした仕組みを創設すること。

↑ 秘書課での要請 中央が会代表 中川

要請書(Jpeg)はこちら →コロナワクチン接種に関する要請書
           →デジタル改革関連6法案に関する要請書

デジタル監視(デジタル改革関連)法案は とっても危険
 個人情報を勝手に使われ
  監視されるのはゴメンです
 ~コロナ禍を逆手に超監視社会の企み
  自治体も国の端末に!

マイナンバーカードを搭載したスマホが 身分証?
 超監視社会へまっしぐら
 クレジットカードを使う。ポイントをためる。ICカードで電車やバスに乗る。友人と会話し「いいね!」を押す。私たちは日々、足跡をネットに残します。その情報を企業が集め、広告と商品開発に使っています。
 この法案は、マイナンバーカードを2023年3月までに全国民に持たせ、さらにそのアプリをスマホに搭載させ身分証がわりにし、マイナンバーに口座情報から健康保険証、運転など各種免許証・国家資格等のマイナンバーカードとの紐付けを進めます。さらに医療、教育、雇用、消費など個人情報を結び付け一生涯管理し、消費や日常の行動を誘導し、大企業のために新たな市場を創出するのが狙いです。当然、その過程で個人情報は国が一元管理し、大企業も簡単に使えるようにするのです。あな恐ろしや・・・。

自治体の個人情報保護条例が骨抜きに 企業に情報提供も
 そのためには、個人情報保護法制を今よりもっと規制(保護)を緩くしないといけません。その際に邪魔になるのが国に先んじて個人情報を保護してきた自治体の個人情報保護条例です。9割以上の自治体は「外部オンライン結合制限規定」を設けています。そこで、個人情報保護法制の一本化と全国的なシステム共通化によって、自治体の個人情報保護措置を骨抜きにし、レベルの低い国の基準に合わせようとしています。個人情報保護のために設けられてきたいくつもの壁を取り払おうとするのです。
 さらに、自治体は一定の条件のもとに企業に個人情報を提供する義務が生じます。デジタル監視法案は、個人情報をビッグデータとして活用したい大企業の求めに100%応えるものです。

あなたは見られている-映画の世界が現実に
 その政策の司令塔としてデジタル庁に置かれる「デジタル監」には大手IT企業出身者の就任が有力視されています。デジタル庁500人の人員のうち、ITゼネコンから企業に在籍したまま100名が入庁。国と癒着したITゼネコンがビッグデータを利用して莫大な利益を上げようとしています。利益相反そのもの。これが、都道府県と市町村にも拡大されます。「公共」は吹っ飛ぶでしょう。  「監視社会」と言えば中国がよく引き合いに出されます。しかし、菅政権も個人情報を手に入れ監視する、そうした社会をめざしていると言えます。映画の世界が現実に・・・こんな社会はゴメンです。

同意なく個人情報を使う法案は廃案しかない
 菅政権はデジタル改革関連法案の審議を急ピッチで進め、4月には成立しそうな勢いです。デジタル庁発足予定は9月にもかかわらずこれだけ審議を急ぐのは、45ヶ所も間違いが発覚したほどのズサンな法案の欠陥と危険性が国民に知られるのを恐れているからです。
 この法案は、雇用調整助成金のシステム不具合や定額給付金支給の遅れなど自身の失態を「デジタル化の遅れ」にすり替え、市民の個人情報一元管理を進めるもので、「改革」どころか「デジタル監視法案」です。
 この法案は、「公益性」を名目に同意がなくても個人情報を利用できるという「データ共同利用権」という考え方を基礎にしており、個人情報の権利保護に欠けます。個人情報は丸裸にされ、国家が管理する「超監視社会」を作り出す危険なものです。
 個人情報管理が人権侵害をもたらした例は、ナチスのユダヤ人虐殺やハンセン病患者の強制隔離などたくさんあります。最近では内定辞退率予測を企業に提供したリクナビ事件です。基本的人権を侵害するこの法案は断じて認められません。
(以上 会ニュース「平和と市民自治」№21より)


超監視社会にNO! デジタル監視法案の撤回とプライバシー権の確立を求める 緊急署名(オンライン署名) ご協力お願いします↓

事務所移転のお知らせ
平和と市民自治のまち大津をともにつくる会新事務所
〒520-0114 大津市穴太3丁目2番12号
電話/FAX 077-572-5881

京阪石坂線 穴太駅下車 県道を浜大津方面へ500メートル
GoogleMap

 3月8日付、大津市から回答

 昨年12月に提出し回答を認めていた「新型コロナウイルス感染症対策にかかる要望・質問書」への回答がありました。
 郵送で会の事務所あてに届いた回答書を見ると…
 内容は、2/10厚労省の回答(会ニュース号外20参照)に沿ったもので、何もしないという表明に等しいといえます。
 なお、検査センターは2月に再開したとのこと。報道もされなかったし、知りませんでした。
 対面しての要請であれば、いろいろなやり取りができ、多くの問題点を追及できたと思います。

会としての考え方は
平和と市民自治 №21
「広島方式に見る 検査の拡大こそ有効」

をご覧ください


〔回答書は以下のとおり〕

「新型コロナウイルス感染症対策にかかる要望・質問書」
 への回答 3月8日付  PDFファイル

質問書はこちら →新型コロナウイルス感染症対策にかかる要望・質問書

大津市は市民の声をききコロナ対応策を示せ

 3月1日、大津市役所前で宣伝行動をしました。
 なぜなら、昨年12月22日にコロナ対策で要請書と質問書を提出し面談を要請していましたが、なしのつぶて。市長公室を通じて文書回答するとの約束も反故に…!
 もう3月です。さすがに、堪忍袋の緒が切れて、の行動です。
 たとえメール一本でも丁寧に回答するのが市役所の責務。大津市はいつから市民の声を聞かず、約束も守らない役所になったのでしょうか。コロナ禍で懸命に働く職員さんの顔に泥を塗るに等しい市執行部の態度です。
 「どの市民団体にも会わない」と言ってはばからない大津市執行部の態度は異常です。緊急事態宣言が出ていた大阪府、京都府、兵庫県、東京のどの自治体も、忙しい中、面会しての要請回答をやっています。会いもせず、回答すると言って回答もしないのは大津市だけです。
 市長に就任したときの佐藤市長の「市民の声を聞く」という言葉はウソだったのかと思いたくなります。
 速やかに面談に応じ回答をするよう求めます!

チラシのPDFファイル →こちらから



平和と市民自治 号外20  2021年3月2日より

2/10 厚生労働省にコロナ対策徹底迫る

「一斉検査の対象は、小規模、障がい、通所、訪問施設も含まれる」
「ワクチン接種の有無で不利益なし」

▶▶▶今こそ検査と医療拡大・生活補償

2月10日、ZENKO(平和と民主主義をめざす全国交歓会)が呼びかけた新型コロナウイルス対策の徹底を求める中央要請行動に、中川代表が検査医療関係の担当者として参加、厚生労働省に要請し追及しました。

厚労省の回答は、「検査基準は『診療の手引き』に基づき医師が必要と認めた方」「(一斉検査は)地域の感染状況で自治体が判断」「(社会的検査は)無症状者への検査後、陽性になるなど不透明で感染症対策としては不十分」「地域医療構想は枠組みは維持」。従来の立場の繰り返しと自治体丸投げばかりでした。

しかし、厚労省の一斉検査対象の「高齢者施設等」が、自治体現場では入所施設ばかりとなっていることに対して「小規模事業所、障がい、通所、訪問などの事業所も含まれるべき」と追及。厚労省は「どこを行政検査の対象にするのかというのは自治体の判断。施設については限定していない」として実質的に障がい者施設、通所、訪問の小規模施設も対象になることを認めさせました。また、「2年間で感染症対応の保健師900人、現状の1・5倍の増員を行うなどこれを機に体制整備に務める」とも表明させました。

【厚労省への検査・医療関係要請事項】
▽PCR検査は医師の判断を必要としない基準とする▽医療・介護従事者などへの定期的検査、高齢者施設等への一斉検査、社会的検査を国の責任で実施する▽検査や医療体制整備に必要な財源は全額国庫負担とする▽ワクチン接種を義務化せず社会的な強制圧力を生じさせない等

多くの自治体が広くPCR検査

多くの自治体が広くPCR検査を行なっています。
「感染しているが無症状の陽性者を早期に発見し地域の感染拡大を防止する」ためです。
 大津市も当会の要望に基づき、第四波がこないうちに検査と医療の拡大をすべきです。

【各地の検査拡大例】
◆65歳以上の無症状者への検査
 ・・・千葉県市川市、大阪府豊中市など全国で多数
◆希望する全市民へのPCR検査(1回1家族5人まで 千円必要)
 ・・・栃木県那須塩原市
◆広島市中心の4区住民及び通勤者80万人・・・広島県

PCR検査拡大をはじめとして
市民の命と生活をまもる第2次緊急署名

 4月22日に第一次分135筆と緊急要望書の提出を行いました。コロナ感染は拡大しており、今後も継続して署名に取り組みます。署名用紙をダウンロードして署名を集め、会員へ手渡すか会宛て送付していただくようお願いいたします。

【 要 求 事 項 】

1.PCR検査をはじめとしたコロナ検査拡大のために緊急に次の措置を講じること。

大津市内の検査体制を大幅に拡充し、公費による完全無料の検査とし、検査基準を少なくとも発熱したら直ちに検査を受けられようにするなど、必要な人すべてに検査を行なうこと。
9月末に閉鎖した検査センターを再開し、検査検体数の大幅な増加を図ること。
③社会的要請により接触を避けることが困難な職種(医療、介護施設、保育施設等福祉施設、学校等)の従事者については定期的に全員検査を行なうこと。
④危険な業務に従事する医療検査スタッフへの特別手当を支給すること。

2.感染症対策上、病床確保や感染症病棟の充実は大きな課題であることから、大津市民病院の整備拡充を図ること。また、地域の感染症対策のため公衆衛生の担い手である保健師の増員を緊急にはかること。

3.新型コロナウイルス感染症問題での解雇、休業、大幅な減収などを余儀なくさせられた者に対し、正規雇用や非正規雇用、自営などを問わず、市民の生活を守るための補償などの独自措置を講ずること。特に解雇者に対して大津市職員として雇用を行うこと。また、大津市内の業者に対し、必要な融資や助成を無担保無利子で行なうなどの支援策を講じ、ただちにかつ簡易な手続で受給できるようにすること。

4.学童保育所について、感染リスクを低減するため、平時より学校の教室の学童保育への開放などより広い空間の確保や学童指導員の緊急増員などで必要とする子どもたちが安心して利用できるための緊急の整備を行うこと。

5.市内の全ての保育所、学童保育所及び介護施設などへ感染リスク低減のためのマスク、消毒液など感染予防用品を確保し配布すること。

署名用紙のダウンロードは →こちら(PDFファイル)

署名の送付先
 〒520-0114 大津市穴太3丁目2番12号
        電話/FAX 077-572-5881
        平和と市民自治のまち大津をともにつくる会
        

街頭署名も行っています。ご協力をお願いします。

インターネット署名 →こちら(Change.org)